So-net無料ブログ作成
検索選択

ARW、まさかの広島公演 [ROCK・POPS]

来日直前にアーティスト名変更
YES FEATURING
JON ANDERSON, TREVOR RABIN, RICK WAKEMAN
そのうちこうなるだろうなとは思ってましたが
アンダーソンさん、よっぽど昔の名前で演りたいのね。
それに本家(?)の3人よりもこっちのほうがYESっぽいのも事実。

まさかの広島公演はクラブクアトロという小規模の会場で。
フロントの3人がこれだけ近くで見れて幸せです。
IMG_0580.JPG

ポスター?は東京公演のコピーのようなショボイものだった。

リック・ウェイクマンはやっぱりデカいです。
クリス・スクワイアもデカかったけど負けないほどにデカい。
オマケにお腹もデカい。二人くらい入ってそうでした。
相変わらずマントを羽織ってプレイしてくれるのでウレシくなります。
YES在籍時の曲はモチロンのこと『90125』『Big Generator』からの曲でも
リック・ウェイクマンのフレーズをねじ込んできます。

トレバー・ラビンも大きな人でした。
今回は23年ぶりの来日ということですが
えっ?と思って見てみたら『TALK』のツアーが94年でした。
そうか、あのコンサートもそんなに前だったのか。

そんな大きな二人に挟まれているのでジョン・アンダーソンが余計に小さく見えます。
昔抱いてた哲学的なイメージはなく、ハイテンションなオジ(イ)サンになってらっしゃいます。

演奏はサスガにしっかりしたもの。長年のキャリアはダテではありません。
今年で御年73(!)のアンダーソンさんの声もしっかり出ています。
トレバー・ラビンのパワフルなギターは70年代のイエス・クラシックでも違和感はありません。
ただRoundaboutだけはスティーヴ・ハウとの違いがハッキリしてましたね。
どっちがいいということではないんですが。

会場の規模のためか、セットリストに若干変更があったようで
Drum Solo~Lift Me Upはなかったですね。
The Meetingって演ったっけ?どんぐりころころもなかったです。
あとOwner of a Lonely Heartのときにリック+トレバーが会場を練り歩くパフォーマンスがありませんでした。仕方ないとはいえ少々残念。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0