So-net無料ブログ作成

イ・ムジチの『四季』 [クラシック]

久しぶりに『四季』が聞きたくなって
『四季』といえばイ・ムジチ合奏団ということでこれを選びました。
P2260191.JPG

しかし『四季』=イ・ムジチのイメージがいつ擦り込まれたのか謎です。
なにせクラシックに疎遠な小学生でしたから演奏者まで気にするワケはありません。
耳馴染みの定番クラシック『運命』『第九』『白鳥の湖』も指揮者やオケのイメージは無いのに
『四季』だけどうしてこうゆうことになっているのでしょう?

小学校の掃除の時間に流れてたのはなんとなく覚えているのですが
この曲を初めて意識して聞いたのは中学生のころ。
(たぶん)キングレコードが発売していたユーロロックのシリーズに少しハマったことがあって
スペインのロス・カナリオス(LOS CANARIOS) というバンドのレコードを聞いたときでした。
レコードとはいえ買ったのでなく、ラジオからエアチェックしたものです。
当時は『四季』をロックアレンジした作品だと思ってましたが
調べてみたら『四季』をモチーフにしたコンセプト作ということでした。
オリジナルのアルバムは2枚組らしいのでレコードの片面
若しくは一部だけオンエアされたのでしょうが
当時はそんなものを流す番組があったんですね。いい時代でした。

同じ流れでi poohNEW TROLLSもよく聞きました。
これが数年後にイタリアンロックにどハマりする伏線になったんでしょうか。


ヴィヴァルディ:協奏曲集「四季」

ヴィヴァルディ:協奏曲集「四季」

  • アーティスト: ヴィヴァルディ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2017/04/26
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント