So-net無料ブログ作成
検索選択

ブックレット [その他いろいろ]

ジャコ・パストリアスのライヴは国内盤を買ったのですが
国内盤とはいえ輸入盤国内流通仕様というアレです。

このCDには取り出し難いことこの上ない100頁英文ブックレットが付いていますが
いかんせん英語では自分で訳すような根気も能力もありません。
今回国内盤を選んだのは封入されてる葉書を送ると
後日オリジナル英文ブックレットの対訳を送ってもらえるという特典のためでした。
P5210278.JPG

で、先日その対訳ブックレットが届きまして
同時に発売されたウィントン・ケリー+ウェス・モンゴメリーのライヴの対訳と
兼ねたものでしたがこちらも112頁の力作。
素晴らしいですね、この仕事。
CD本体は勿論のこと、英文、対訳のブックレットも製作側の本気度が分かります。

輸入盤国内流通仕様というと、輸入盤に帯とテキトーな解説付けてあるだけという
あまりいいイメージがないのですが
今回のCDや国内盤のディランのブートレッグシリーズのように
しっかりした作りであれば国内盤を買うんだけど。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ジャコ・パストリアス / Truth, Liberty & Soul-Live In NYC: The Complete 1982 NPR Jazz Alive! Recording [JAZZ]

見に行かなくて後悔したコンサートは数あれど
最大の後悔は82年のジャコ・パストリアス・ワード・オブ・マウス・ビッグ・バンド広島公演。
当時はジャズを聞き始めたばかりで、WORD OF MOUTHは聞いてたものの
正直???な感想だったので、それがスルーした理由だったと思うけど
今更ながらつくづく勿体ないことをしたと思います。


そのジャコの未発表音源が発掘の雄RESONANCEから発売。
しかも82年モノ。
P5010249.JPG

放送用音源とはいえオリジナルは24チャンネル録音ということで音質もまったく問題ナシ。
演奏も少々壊れ始めた時期だけど、演奏にはそんなことは感じられませんね。
ジャコの死後、呆れるような内容のライヴが呆れるほど出回ってきたことを考えると
この音源が今まで出てこなかったのはどうしてなんでしょ?

私もジャコのライヴ音源をそれなりに買ってきましたが、結局手元に残したのは
TWINSⅠ&Ⅱの1枚のみ。
時期が重なるもののライヴはこの2枚があればいいかなと思います。



ライヴ・イン・ニューヨーク~コンプリート1982 NPR ジャズ・アライヴ! レコーディング [輸入CD][日本語帯・解説書付]

ライヴ・イン・ニューヨーク~コンプリート1982 NPR ジャズ・アライヴ! レコーディング [輸入CD][日本語帯・解説書付]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Resonance Records / King International
  • 発売日: 2017/04/29
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

広島で見れないので横浜スタジアムで野球を見た [野球]

P4300262.JPG

人生2度目の横浜スタジアム。
前回は30年前。衣笠選手引退の年でした。
当時、大洋の監督は古葉さんでしたね。
P4300263.JPG


完全に思い付きだったので前売り券は完売。
それでも当日券求めてダメもとで行ってみたら手に入りそうだったのが
高そおなバックネット後ろ側の席と外野立見席。
迷うことなく外野立見席を選択しましたね。1900円。
まあ観れればなんでも良かったんですが・・・。

始球式は神スイングでお馴染みの稲村亜美さん。
おお!一度拝見したかったんですわ、と。
P4300265.JPG


マツダと違って新鮮だったのは
ほとんどイニングごとに短時間の催しをやってること。
カープ選手の練習が見れること。
スタンドが赤一色ではないこと(当たり前)、ですね。
それでもこのカープファンの多さはなんぢゃい?!と。
左半分ほとんど赤ですからね。
P4300268.JPG

P4300267.JPG

風船飛ばしもこのとーり。マツダと大して変わりません。
P4300266.JPG

DeNAの大横断幕もなかなかいいんでないの。

球場の外でも屋台が出てたり、何かしらイベントやってたり
最寄りの関内駅にも選手の写真が大きく貼り出されていて
30年前とはまさに隔世の感ありで、いろいろと工夫されてるなと感じました。
広島では球場外でのイベントはほとんどないですからね。
あと関東限定カープグッズ欲しかったんですが、これは無かった。

試合は負けましたが、これも横浜スタジアムで野球を見るというのが
目的だったようなものなのでたいして気にしません。
九里と薮田はそろそろメッキがはがれてきたんかのう、という感じですかね。


ただ、残念だったのは立ち見エリアでの対応。
立ちっぱなしも辛いので少しでも座ってしまうと
警備やスタッフの方が来て「立見席なので立ってください」
近くの子供が寝てたら「立見席なので立ってください」
サスガにこの時は近くの方が「小っせーなー」と。
200円安いんだから座ることなど罷りならん、という方針なんですかね?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ポール・マッカートニー ワン・オン・ワン ジャパンツアー2017を見てきた [ROCK・POPS]

4月29日から3日間、東京へ行ってきました。
目的は93年のNEW WORLD TOUR以来2度目のポール・マッカートニーです。
P4290263.JPG

今回のチケットは驚愕の18,000円!!!
24年前は8,000円で見れたんぢゃがのう。


グッズも24年前と比べてずいぶん増えたようです。
パンフ以外買う気は無かったのですが、開演前の大混雑は予想できたので
東京到着して間もなく12時くらいに買っておきました。
P4290262.JPG

予想通り、開演前のグッズ売り場は呆れるほどの長蛇の列。
先に買っといてよかったわい。

P4290264.JPG

18:00開演予定は約1時間遅れてA HARD DAYS NIGHTのジャ~~ンというイントロで始まり。

最近のポールは衰えが目立ち、ライヴも相当にツライという意見がありますが
なるほどポールの声がコーラスに埋もれてる、という感じもしました。
悪くいえばコーラスで誤魔化してる、という気もするのですが
思ったより声も出てると感じたのも事実です。

しかし、今回はポール・マッカートニーをもう一度見ておく
というのが目的だったので、ライヴの出来云々は二の次三の次です。

P4290266.JPG

見ておくと言っても豆粒大のポールさんです。
真ん中にいるからたぶんあれがポール・マッカートニーだろうなという大きさですね。
P4290265.JPG



24年前、記憶の中のポール・マッカートニーよりはやっぱり衰えたなと思いましたが
御年74で2時間のエネルギッシュなステージはサスガでした。
「また会いましょー!!」と言って終わったコンサートでしたが、2年後としても76歳。
サスガに今回が最後でわないかと・・・。

次はストーンズもう一回見ときたいな、と。
ポールが18,000円だから20,000円越えるかな、と。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽