So-net無料ブログ作成
検索選択

初物 [ROCK・POPS]

フロイドの『THE WALL』などといっしょに
ストーンズのモノボックス(LP)を注文してたんですが
先日鮮やかにキャンセル喰らってしまいました。
タッチの差で在庫分を取り損ねたので少々悔しいです。
そおいやHMVってビートルズMONOボックス(CD)のときも
キャンセル喰らわされたんだよなあ、と今になって思い出しました。
追加プレスやってくんないかな。値段にもよるけど。
ビートルズももう一遍やってくれよ。



緊張感のある音は最近はチョット・・・
などといいながらこんなもの買ってしまいました。
P3010124.JPG

LEVIN MINNEMANN RUDES2013年の1st。
フロイドが昨年注文の年末到着だったので今年最初の1枚になります。
リリース当時もどうしようかと思ったのですが結局スルーした1枚。
なんで今になって聞きたいと思うようになったのかは謎です。

トニー・レビン、マルコ・ミネマン、ジョーダン・ルーデスの凄腕3人。
その出来は「推して知るべし」。

だけど

思ったほど張り詰めた音ではない。
どの曲もなかなかにハイテンションですが
オシャレなエレピのフレーズもあったりして、余裕の業か、意外に聞き易い。
以前のようにへヴィローテーションとはいかないまでも
やっぱりテクニカルなジャズロックを聞きたくなることもあるんです。



Lmr

Lmr

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: CD Baby
  • 発売日: 2013/09/05
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ジェフ・ベックに行ってきました [ROCK・POPS]

昨日、広島はジェフ・ベックの日でした。
私は2000年以来、16年ぶりの御姿拝見です。


開演直前、拡声器を持った人が通路をウロついていてます。
誰かと思ったらVoのロージーさんでした。
そのまま開演になり、1曲目は新作からThe Revolution Will Be Televised
客席の通路をマイクでなく拡声器で歌って歩きます。
2曲目はFreeway Jam
客席の年齢層が高い分、昔の曲での盛り上がり方は違います。
今回のツアー、セットリストはどこの会場も同じようです。
2時間に少し足りないコンサートでしたが、なんといってもジェフ・ベックさんですから
途中でのMCなんてものはありません。
本編終了時にチョロっと喋って、お約束のはずのメンバー紹介も
サラッと終わらせてしまいます。
演奏しっぱなしの濃ゆい2時間でした。
IMG_0535.JPG

サイボーグともいわれたジェフ・ベックさんも御年72。
顔にも皺が目立ってきましたが、音の方はますます若くなってます。
なんか前回より音がアグレッシブになっているように思いました。
72歳でこんな音だすか?!という感じです。

同世代のミュージシャンは自分を総括するような活動が増えてますが
ベックさんにはそんな気配すらないですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ジョン・ウェットン [ROCK・POPS]

今度はジョン・ウェットンがいなくなってしまった。
グレッグ・レイクと同じく癌との闘病の末ということらしいけど
67歳はまだ早いよな。

クリムゾンの4枚、UK、エイジアの初期3枚ホントによく聞きました。
ウェットンの歌声が大好きでした。
ベーシストとしても素晴らしくて、なんで歌いながらあのラインが弾ける?と思ったものです。

1年足らずの間にエマーソン、レイク、ウェットンと
自分のアイドルが3人もいなくなってしまうなんてやっぱり寂しいですね。

合掌
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ピンクフロイド [ROCK・POPS]

自分にとってピンクフロイドはいつも3番目4番目のバンドだった。
プログレをガツガツ聞いてた頃は、イエスやクリムゾン、ELPの次みたいな。
ゴングやソフトマシーン聞いてた頃はさらにその後みたいな。

しかし最近はクリムゾンやイエスを聞くときの緊張感を持続できなくなってきたので
わりと緩く聞けるフロイドを愛聴してます。

去年の末にディランのMONO BOXの付け合わせで買った
『ANIMALS』が思いの外良かったので、その後『MEDDLE』買って
50周年アナログ盤復刻シリーズの『ANIMALS』と『THE WALL』も買ってしまった。
P1300119.JPG

ずいぶん久しぶりの『MEDDLE(おせっかい)』
吹けよ風呼べよ嵐は初めて聞いたプログレの曲。
お馴染み(でもないか最近は)ブッチャーのテーマ。


サイケバンドが気付いたらプログレになって
暫くしたらプログレ界、というよりロック界でも有数のデカいバンドになってた。
私のイメージはこんな感じ。

初期のものは苦手だけど『原子心母』はLPで買っとこうかな、と。


Meddle

Meddle

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Pink Floyd Records
  • 発売日: 2016/01/29
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

まとめて3枚 [ROCK・POPS]

PC110143.JPG


先日のディランのモノボックスと一緒に注文したのがこの3枚。

ピンクフロイドの『ANIMALS』は傑作『WISH YOU WERE HERE』
大作『THE WALL』に挟まれて、なんとなく印象の薄いアルバム。
これまでほとんど聞いたこと無くて、CDでは初めての購入です。
昔LPで持ってた頃は途中で寝落ちしてることが多かったです。
コンセプトはウォーターズなんでしょうが、ギルモアのギターが大活躍で
なんだこんなに良かったのかよ、な1枚。
前後がスゴイんで不憫なアルバムですな。

いまさらクラプトンのライヴというのもなあ、と思いつつ
当時から評判はよかったので興味はあった1枚。
クラプトンは結構広島に来てくれてたのですが、このツアーは来てくれませんでした。
こんなにいいライヴだったならホント生で見たかったですね。

今年、『Totally Stripped』が出ましたがサスガにあそこまでは要らない。
最近のストーンズには興味が無いなどと思いつつ
スタジオ作は『ア・ビガー・バン』までは買ってます。
2013年のハイドパークのBlu-rayも買ってるし
ベストも買ってたりするので結構まじめなファンかもしれません。
でも新作は買ってません。まだ。
今回は『Like A Rolling Stone』聞きたさに買ってしまったワケです。


年末に枚数が増えてしまった・・・。



Animals

Animals

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Pink Floyd Records
  • 発売日: 2016/01/29
  • メディア: CD



LIVE IN SAN DIEGO

LIVE IN SAN DIEGO

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: REPRI
  • 発売日: 2016/09/30
  • メディア: CD



Stripped (Reis)

Stripped (Reis)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Polydor
  • 発売日: 2009/11/10
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽