So-net無料ブログ作成
検索選択

『スターウォーズ』見てきた [映画]

ライセンス商品が溢れかえって、R2D2型の冷蔵庫(?)なんてものまで出るに至っては
ディズニーが絡んだ盛り上がりに違和感を覚えてしまうのは私の頭が固いからなんでしょうか。

そんなこと思いながらもやっぱり観に行った最新作
『フォースの覚醒』
IMG_0343.JPG
IMG_0340.JPG

今回観に行ったのは市内中心部にある映画館です。
シネコンをさらに小さくしたスクリーンふたつの劇場で
スクリーンは小さめですが椅子の座り心地が抜群です。

扉付近ではベイダー卿がお迎え。
IMG_0335.JPG


製作発表から不安混じりながらも待った甲斐がありました
私が前3作でイマイチ馴染めなかったのが特撮部分がやたら目立つ作り。
今回もさらにスケールアップした特撮になってましたが
その辺の塩梅は期待通りのJ・J・エイブラムス監督でした。
ネタバレコワイのでここまでで。


思えば38年前(!!)
広島で一番大きな映画館のバカデカいスクリーンで見た『スターウォーズ』はスゴイ迫力でした。
アメリカの映画ってスッゲエなあ、って。
最近の映画館で残念に思うのはスクリーンサイズが小さくなってしまったことです。
大都市では大スクリーンも健在なのでしょうが
時代の流れ、映画を取り巻く環境はこんなに小さくなってしまったのか
などと考えてしまいました。


最近、関連作(?)で日本映画『宇宙からのメッセージ』が少し話題になっていますが
ワタシ、この映画も観に行きました。
深作欣二監督、原案に石ノ森章太郎氏が名を連ねた映画ですが
ストーリーは全く覚えていませんが、特撮が旧態のトホホな映画だったことは覚えています。
たしかタダ券貰ったから観に行ったハズです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

やっぱり観に行くよなぁ [映画]

公開までまだ1年もあるのに早くも公式Facebook『特報』が解禁された
「STAR WARS : THE FORCE AWAKENS(原題)」

冒頭のスターデストロイヤーのデカさに圧倒された第1作。
まさか35年も経って新作を観ることになるなんて
当時は想像もできんかったな。
でもこのニュースに浮かれるのって何歳くらいの人なんでしょ?
いまどきの若い人にとってスターウォーズの新作というのが
どのくらいインパクトのあるものなんだろう?
嬉々として映画館に行くのは40~50代のオッサンばっかりなんてことにはならんだろうな。


エピソード1~3や最新のデジタル技術を駆使して作り直した旧3部作には
正直、やりすぎの感じもあった。
最初のまんまで、映像をきれいにするだけでよかったんじゃない?って。
監督がスタートレック新シリーズのJ・J・エイブラムスなので
期待はしてるんだけど、その辺の塩梅もうまいことやってほしい。


公開まで1年もあるなんて書いたけど
この年になりゃ1年なんてアッという間だな。

老眼進行中 [映画]

P1180070.JPG

40になってすぐに老眼といわれたものの
視力矯正のお世話にならずがんばってきましたが
遂に文字が見えないところまで行き着き
2年前から本格的にメガネを使用するようになっています。

子供の頃はダサイ(という表現もなかったですが)対象でしかなかったメガネも
今ではファッションの重要なパーツになってるようで
時代も変わったな、と思わずにわいられません。


ティファニーで朝食をのサントラ盤が届きました。

続きを読む


ダーティハリー(OST) [映画]

P1040032.JPG

最近CSでダーティハリーシリーズを放送してたので
サントラ盤を買ってしまいました。

続きを読む


スター・トレック イントゥ・ダークネス [映画]

star-trek-into-darkness-movie-poster-2013-1020754125.jpg

スター・トレックを最初に見たのは小学生の頃でした。
もちろん再放送でしたが、ナゼか土曜日の昼1時からという
今時のCSならともかく、よく分からない時間帯での放送でした。
当時は土曜日も半日授業のあった時代なので
ダッシュで家に帰って見たものでした。


続きを読む