So-net無料ブログ作成
検索選択

ポール・マッカートニー ワン・オン・ワン ジャパンツアー2017を見てきた [ROCK・POPS]

4月29日から3日間、東京へ行ってきました。
目的は93年のNEW WORLD TOUR以来2度目のポール・マッカートニーです。
P4290263.JPG

今回のチケットは驚愕の18,000円!!!
24年前は8,000円で見れたんぢゃがのう。


グッズも24年前と比べてずいぶん増えたようです。
パンフ以外買う気は無かったのですが、開演前の大混雑は予想できたので
東京到着して間もなく12時くらいに買っておきました。
P4290262.JPG

予想通り、開演前のグッズ売り場は呆れるほどの長蛇の列。
先に買っといてよかったわい。

P4290264.JPG

18:00開演予定は約1時間遅れてA HARD DAYS NIGHTのジャ~~ンというイントロで始まり。

最近のポールは衰えが目立ち、ライヴも相当にツライという意見がありますが
なるほどポールの声がコーラスに埋もれてる、という感じもしました。
悪くいえばコーラスで誤魔化してる、という気もするのですが
思ったより声も出てると感じたのも事実です。

しかし、今回はポール・マッカートニーをもう一度見ておく
というのが目的だったので、ライヴの出来云々は二の次三の次です。

P4290266.JPG

見ておくと言っても豆粒大のポールさんです。
真ん中にいるからたぶんあれがポール・マッカートニーだろうなという大きさですね。
P4290265.JPG



24年前、記憶の中のポール・マッカートニーよりはやっぱり衰えたなと思いましたが
御年74で2時間のエネルギッシュなステージはサスガでした。
「また会いましょー!!」と言って終わったコンサートでしたが、2年後としても76歳。
サスガに今回が最後でわないかと・・・。

次はストーンズもう一回見ときたいな、と。
ポールが18,000円だから20,000円越えるかな、と。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

旅行カバンを洗濯してみた [その他いろいろ]

P4230172.JPG

愛用の旅行用バックパック(?)。

そろそろキャスター付きの今風なものに買い替えたいのだけど
いろんなところに一緒に行ってきたのでなかなか思い切れない。
P4230173.JPG

しかし、いい加減古いので内側の防水用ポリウレタン(PU) コーティングが劣化して
剥がれ落ちる、ベタベタする、臭うという症状が数年前から出てきたので
重曹風呂に漬けてキレイにしてやることに。
P4230174.JPG


一晩漬けると劣化したPUコーティングが溶けてフニャフニャになっています。
これをタワシで擦ると面白いように剥がれていきます。
透明だった水もあっという間にこんなふうに。
P4240175.JPG

洗濯機で脱水かけて、水で洗ってを2度ほど繰り返し
陰干しするとこんなに綺麗に落ちてました。
P4260176.JPG

剥がれかかってたワッペンをケミシートで補修して出来上がり。
防水力は当然のように無くなってるはずなので
防水スプレーなどで補う必要はありますが
臭いもべたつきもなくなって、気分よく出掛けられそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ARW、まさかの広島公演 [ROCK・POPS]

来日直前にアーティスト名変更
YES FEATURING
JON ANDERSON, TREVOR RABIN, RICK WAKEMAN
そのうちこうなるだろうなとは思ってましたが
アンダーソンさん、よっぽど昔の名前で演りたいのね。
それに本家(?)の3人よりもこっちのほうがYESっぽいのも事実。

まさかの広島公演はクラブクアトロという小規模の会場で。
フロントの3人がこれだけ近くで見れて幸せです。
IMG_0580.JPG

ポスター?は東京公演のコピーのようなショボイものだった。

リック・ウェイクマンはやっぱりデカいです。
クリス・スクワイアもデカかったけど負けないほどにデカい。
オマケにお腹もデカい。二人くらい入ってそうでした。
相変わらずマントを羽織ってプレイしてくれるのでウレシくなります。
YES在籍時の曲はモチロンのこと『90125』『Big Generator』からの曲でも
リック・ウェイクマンのフレーズをねじ込んできます。

トレバー・ラビンも大きな人でした。
今回は23年ぶりの来日ということですが
えっ?と思って見てみたら『TALK』のツアーが94年でした。
そうか、あのコンサートもそんなに前だったのか。

そんな大きな二人に挟まれているのでジョン・アンダーソンが余計に小さく見えます。
昔抱いてた哲学的なイメージはなく、ハイテンションなオジ(イ)サンになってらっしゃいます。

演奏はサスガにしっかりしたもの。長年のキャリアはダテではありません。
今年で御年73(!)のアンダーソンさんの声もしっかり出ています。
トレバー・ラビンのパワフルなギターは70年代のイエス・クラシックでも違和感はありません。
ただRoundaboutだけはスティーヴ・ハウとの違いがハッキリしてましたね。
どっちがいいということではないんですが。

会場の規模のためか、セットリストに若干変更があったようで
Drum Solo~Lift Me Upはなかったですね。
The Meetingって演ったっけ?どんぐりころころもなかったです。
あとOwner of a Lonely Heartのときにリック+トレバーが会場を練り歩くパフォーマンスがありませんでした。仕方ないとはいえ少々残念。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽