So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

The Definitive BOB DYLAN Songbook [音楽本]

ギターはコードをジャカジャカ鳴らす程度しか弾けません。
それも10年20年前の話なので今はコードだけでも相当に怪しいものです。
日頃からソレナリに弾けるようになりたいと思ってをるのですが
教本買ってきても本棚のコレクションにしてしまうだけです。
まったく困ったものです。
PA140306.JPG

昨年暮れ頃からギター弾き語りの譜面、主に日本のフォーク系を月イチのペースで
買っていたのですが遂に洋楽にも乗り出してしまいました。
洋楽最初の一冊はフォークといえばディラン、です。
800頁弱、ヤワな譜面台では支えきれないのでわ?と思えるヴォリュームです。
外国製の楽譜は初めてなので恐る恐る注文したのですが
ちゃんとメロディー譜にコードが振ってあり一安心です。
日本ではなかなかまとまった楽譜が無いのでありがたいものではあります。
ただし日本製の楽譜のようにギターパートの譜面がないのと
イントロの部分があったりなかったりするのは外国製は総じてこんな作りなのでしょうか。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ブルーノート [JAZZ]

ジャズ聞き始めのころには大変お世話になったブルーノート。
今は無き東芝EMIが1500番台を中心に片っ端からアナログ盤で再発しまして
ワタシも結構な枚数買ったもんですが、その後ほとんどを売り払ってしまいました。
残ったのはブルーノートの中でもとくに有名なアレやコレやソレといった具合で
ああ、あれ残しとけばよかったな、などと後悔しているものも多々あります。

今更買い直す財力もないし、アレコレ考えようと思い2冊の本を買ってみました。
P8240296.JPG

私はこういったカタログ本が好きで、こういった本があるとジャンルに関わらず
買うかどーかは別として、手に取ってしまいます。

学生のころ買った『完全ブルーノートブック』は第2版ですね。
ずいぶんグレードアップされた4版も発売から9年経って
最近在庫切れ気味なのはそろそろ改定版が出るということでしょうか。

ラズウェルさんのジャズマンガはいつ見ても楽しいです。
ジャズ批評別冊の『ときめきジャズタイム』も思い出したように読んでしまいます。

50年代、60年代前半のオリジナル盤はとても無理なので
それ以降の比較的値段の落ち着いてるものをチョロチョロ買えればと思います。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ザ・ルールズ・ハヴ・チェンジド / 3.2 [ROCK・POPS]

P8250297.JPG

30年ぶりのの新作が『3.2』名義で出ました。
キース・エマーソンは亡くなりカール・パーマーは多忙ということで不参加。
生前のエマーソンとやり取りをしていた音源を使用した楽曲はあるものの
実質ロバート・ベリーのソロプロジェクトです。
なんであれロバート・ベリーの新作が聞けるというのはありがたいことです。
ボーナス1曲とロバート・ベリー本人によるライナーの対訳読みたさで
今回は国内盤を購入です。

30年前の『To The Power of Three』はロバート・ベリーのPOPセンスも魅力だったのですが
今回は少々POP度ダウンして、プログレ度というより
エマーソン度がUPしてるように感じます。
ロバート・ベリーがエマーソンに寄せ過ぎた?
私はエマーソン、ベリー両方のファンなので無条件で購入しましたが
ファン以外にはキツイかな、というのが正直な感想。
このご時世、ファン以外の人がCD買うなんてこと無いでしょうが。

それでもそこそこ売れてるみたいなので
廃盤のまま放置されてる『To The Power~』も再販していただけませんかね?
リマスターして。
ワタシ、ずいぶん前にうっかり手放してしまい
ここのところ中古探してるんですが全然無いんですわ。


ザ・ルールズ・ハヴ・チェンジド

ザ・ルールズ・ハヴ・チェンジド

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 2018/07/25
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の3件 | -